【独身男性が梅干し作りにチャレンジした】梅干作り 準備編

づくり今日は8月15日、約2ヵ月前の6月28日に梅干しづくりにチャレンジしたのでその時のレポートをお送りします。

 

その日は休暇をもらって、梅干しをつけようと思って、前日に南高梅を5kg買ったんですよね。このサイズ感で5袋です。

 

f:id:jircas:20190815212600j:plain

 

それから、その次の日にアマゾンから製品が到着すると勘違いしてて、梅干し作りの準備を開始したのが17時頃。

 

梅干しに使うものとしては以下の通り。

 

・漬物樽

・塩 1kg

ホワイトリカー

・漬物専用袋

 

家の近くのスーパー何軒も徒歩ではしごして、探しましたよ。

出たのが18時前で全部揃って帰宅したのが21時前かなw

 

まず、梅を漬ける容器を購入しないといけないんで、家の近くのホームセンターに偵察に行きましたよ~。

 

それで買ったのがこれ。漬物樽です。ちょっと大きめのほうが良いかなと思って買いましたw

 

f:id:jircas:20190815213355j:plain

f:id:jircas:20190815213420j:plain

 

2つ目は塩です。味を決める上でとても重要です。

ネットとか美味しんぼとかで得た知識を元に断言すると、粗塩が必須ですね。アジシオとか工場で作られた塩だとミネラルがないから、海水から作られた塩でないとおいしくなくなっちゃうみたいです。粗塩の中だとどれが良いのかってことなんですが、あんまり追求することなく、本当になんとなくですがこれにしました。

f:id:jircas:20190815214345j:plain

 

3つ目はホワイトリカーですね。えっ、梅酒作るのっていう方も多いと思いますけど、こいつが本当にいい仕事してくれるんですよね。5kgの梅なんで量だと梅酒なんてできません(笑)
少なすぎます。梅酒作るならもっと入れますが、今回は梅干し作り。梅酒作りじゃないのに、ホワイトリカーを入れる理由はあるんです。主に2つなんですけど、それは次のブログで書くことにします(笑)

f:id:jircas:20190815215502j:plain

 

最後に漬物袋。

漬物樽に梅をぶち込んで、直接で漬けるのも悪くはなかったけど、後々の漬物樽の有効利用を考えて袋に漬けるスタイルに変更。このことが後々良い点へとつながるんですよね。これも大きめにしました。

f:id:jircas:20190815214332j:plain

 

f:id:jircas:20190815215834j:plain

 

梅干しって、みんな難しいと思うかもしれないけど、そんなに難しいわけじゃありません。きちんと、容量と要領がわかれば良いもんが作れます。

 

塩とアルコールの素晴らしさに感謝しながら、こんなところで。